社員検索について

社員検索機能について説明します。

  1. 検索項目について
  2. 検索ロジックについて

1. 検索対象の絞り込み

左サイドバーより検索対象を絞り込むことができます。
任意の項目・条件を選択すると、その条件を満たす従業員の一覧が表示されます。

また、左サイドバー上部の「+」を押下すると、下記のようなウインドウが表示されます。
任意の項目のチェックボックスを押下すると、検索条件で追加する項目の変更ができます。

2. 検索ロジックについて

検索窓に任意のワードをインプットして、従業員を検索できます。
検索は、部分一致で対象者を抽出できるようになっており、例えば、「山」をインプットすると、「山田」「山本」などの従業員情報を持つ従業員を出力できます。
また、検索窓の左のプルダウンより、検索対象となるデータを選択することができます。
デフォルトでは検索対象が「全て」となっているため、全データを対象に検索をしますが、その場合だと、「営業」と検索すると、「営業部」といった所属と「営業」という職種、どちらも取得してしまいます。
仮に検索対象を「職種」とすると、「営業」と入力しても、職種のみが検索対象となるため、「営業部」に所属する従業員は表示されません。